求人でも語学が必要になりTOEICの基準が記載されていますが、ビジネス英会話ができるのか疑問に思っています。

語学の資格ガイド 英語検定にとって代わるTOEIC

語学のススメとTOEIC

求人を見ていると最近では、TOEICのスコアも必要になってきているところをちらほらと見かけます。
仕事内容によっては550点以上から950点まで。さすがに950点とるのは難しいですね。最近は英検が基準ではないんだなぁという感じもしています。
昔は私も語学を身につけたいと思い、英会話教室に行って積極的に外国人の先生とコミュニケーションとったりして頑張っていました。
会話はできませんが、そのおかげで聞き取りがうまくなったと思います。
英語に限らず語学を上達させるには、とにかく聞くことでしょうか。
何度も聞いているうちに相手の話す言葉がなんとなく理解できるようになってきます。
かくいう私もかなり前にTOEICを受けました。

結果は恥ずかしながらあまりよくありませんでしたが、ヒアリングだけは高い点数をはじき出しておりました。

でもTOEICで高い点数をとっていても、その点数が就職でこそ有利なものの本当に必要な時にしっかり仕事で会話をできるかというと、そこはやっぱり難しいところですよね。ビジネス英会話になってくるわけで。よほどの自信あるか語学留学経験があるか、はたまた仕事としての英会話を慣れていない限り、やはり難しいかもしれませんね。語学は身につけておきたいものですが、やっぱり若い人は一年くらい海外留学をお勧めしたいと思います。
社会勉強にもなりますし、ネイティブに触れて高得点のスコアをたたき出して履歴書に書いたほうが誇れると思います。

話題になっている語学についての話はここのサイトがおすすめですよ

Copyright 2017 語学の資格ガイド 英語検定にとって代わるTOEIC All Rights Reserved.